読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバ・シグサ・アイ

二宮神山担の思うこと

キラキライケメンが嫌いな私が藤井流星にデレてる話

【この記事は自担以外に沸いてます ご注意ください】


私はキラキライケメンはあまり好きではありません!!!とにかくキラッキラしてるイケメン、何ていうか彼らは「夢」すぎて、私のような地味な人間が応援するのは恥ずかしいというか、柄じゃないというか。グループの中でも端っこ寄りで、たまにセンターに来るかな?くらいの人が好みなんです。「私が応援しなきゃ」感が好きなのかもしれません。

私は中学生の頃、少しの間だけ中島健人くんを応援していました。スーパーアイドルスマイルな彼の団扇を持ってSexyZoneのツアーに1公演参加した事もあります。そんな中島健人といえば、絵に描いたようなキラキライケメン、所謂王子様タイプで有名です。しかし、それが私の好みとは違いすぎたあまりに、ふとファンをやめてしまいました。今思えば何故彼にハマったのか、分かりません。もちろん彼はファンサの帝王であり、整った顔立ちで、歌もダンスも頑張ってます。でも私は違うタイプが好きなんです。キラキライケメンは推すに推せない人間なのです。
(ファンをやめた今でも健人はかっこいいと思ってます、健人担が悪いとかじゃない、これまじで)


そんな端っこ寄りな人が好きな私が今、藤井流星にデレてます。デレてるなんてもんじゃない、めちゃめちゃ好きです。大好きです。
藤井流星といえば、あの抜群に整った容姿、スタイル、こもったセクシーな声、そして天然キャラ。最高に可愛いです。ジャニストには重岡というセンターがいるため流星はセンターの回数自体はあまり多くありませんが、あのキラッキラキラッキラキラッキラしてるスーパーイケメンが、何故かどうしようもなく好きです。

「ラッキィィィィィィィ7」参加後からかなり流星に魅了されてますが、特に最近きゅーん!ときたのは、先日のbayじゃないか。藤井、小瀧、桐山のチーム名を決めるという場面で「(bayfmは)千葉でしょ?千葉…ふなっしー…ふじっしー?」という謎すぎる思考回路によって導き出された新チーム名 「チームふじっしー」が私のツボにドカンとハマってしまったのです。

小瀧、照史からは「それお前だけやん!」「ピン芸人か!」と総ツッコミを食らいましたが、あまりのインパクトにより採用。そのままラジオが続けられました。




かわいすぎる…





ふじっしーって…自分の名前入れてくるとかどんな純粋ボーイだよ…尊い…まもりたい……




神山担の私をここまで魅了する藤井流星に、皆さんご注意ください。

以上。


(ラジオでの発言は勢いとニュアンスで書いてるので正確ではありません)