コトバ・シグサ・アイ

二宮神山担の思うこと

オセローのあらすじをざっくり知ろう

新橋演舞場で絶賛公演中のシェイクスピア作品「オセロー」のあらすじをざっくり分かりやすく書きます。自分の頭の中の整理の為にも。神山くんファンもそうでない方も、予習しておきたい!って人は是非読んでください。カドカワから出ている「新訳 オセロー」 を元にしています。そして死ぬほどうろ覚え。加筆ばんばんします。

 

 

 

主人公はイタリアのベネチア(ヴェニス)の将軍オセロー。彼は肌の色が違うムーア人だけど将軍にまで上り詰めた凄い人だ。そんな将軍オセローの右腕とも言える副官の座を同輩キャシオーに奪われ、旗手にさせられたイアーゴーは嫉妬に燃えていた。「なんやねん〜〜今まで頑張ってきたのに〜オセローもキャシオーもまじムカつく〜復讐してやる〜〜!!」

 

オセローは、お偉いさんの娘、絶世の美女デズデモーナとこっそり結婚していた。オセローが憎いイアーゴーは、デズデモーナに恋しちゃってるロダリーゴーを利用する。「お前あのお偉いさんの娘に惚れてんだろ?俺の言うとおりにしたらあの女はお前のもんになるぜ」「まじかやるよ!言うとおりにする!!」そして2人はオセローとデズデモーナの仲を裂くために彼らの結婚をデズデモーナのパパ、ブラバンショーに伝える。「あんたのとこの可愛い娘さん、あのムーア野郎とこっそり結婚してんぞ〜」「なんやて!?あのムーア人と!?うちの娘は呪いでもかけられたんや!!!!あいつはどこやこのクソ野郎!?」

 

そんなとき、政府のお偉い人たちは慌てふためいていた。「どうしよう!敵国トルコがキプロス島に攻めてくる!!」「やべぇじゃんオセロー将軍を島に派遣しないと!!」やべぇやべぇってなってるところにオセロー御一行が登場。お偉いパパ ブラバンショーがお偉い人たちにオセローは悪いやつだと嘆く。「なぁみんな聞いてくれよ!このムーア人はうちの娘を魔術で騙して結婚しやがった!なぁみんなどう思うよ!?」「そりゃ最低だな!!」しかしオセローは冷静だった。「うちの嫁のデズデモーナをここに連れてきていいですか?彼女から本当のこと聞きましょうよ、イアーゴーくん連れてきて」「はいかしこまり」

 

オセローは今までの自分の半生を、旅物語をデズデモーナに話したという。彼女はそれに興味津々だった。「ねぇそれまじ!?めっちゃ面白いもっと聞かせてよ」やがてそこに愛が生まれたんやで…なんてお偉いさんたちに話してたらデズデモーナ登場。「私はこの方と結婚したの!愛してるのー!」「まじか…うちの可愛い娘がそんな言うなら仕方ないか……」とブラバンショーパパとお偉いさんたちは渋々2人の結婚を認めた。

 

派遣されてキプロス島に着いたオセロー御一行。結婚は認められ、敵国トルコの船はぶっ潰し、戦勝と結婚のWお祝いパーティーが開かれた。その中でイアーゴーはお酒の弱い副官キャシオーにたくさん呑ませ、酔っ払ったキャシオーにロダリーゴーがちょっかいをかけ、キャシオーは暴れて負傷者を出してしまう。オセローがやってきて言う。「この喧嘩おっ始めたのは誰だ???なぁイアーゴー見てただろ?」「あの…キャシオーくんが先に手を出しました…でもキャシオーくんだけのせいじゃないんです!彼になんかちょっかいかけたやつがいたっぽいんですけど逃げたみたいで…」「そっかぁイアーゴー優しいなぁ、キャシオーを庇ってあげてるんだな…でも悪いことは悪い!!キャシオーはクビだ!!」

確かこの辺で、イアーゴーの嫁さんエミーリアをデズデモーナに仕える侍女に任命した。

 

副官から降ろされクビになって悲しんでるキャシオーのところにイアーゴーが現れ、デズデモーナに相談してまた副官にしてもらおうと持ちかける。「あの美人で優しい嫁さんなら絶対聞いてくれるし、嫁さんの頼みなら将軍オセロー様でも断れないっしょ」「そうだな!ありがとうイアーゴーくん!俺今からデズデモーナさんのとこ行ってくる!」そしてキャシオーからの頼みを聞いたデズデモーナは喜んで引き受ける。「あなたみたいな良い人クビにするなんて酷いわね!旦那に言ってみるわ!!」「ありがとう奥さん!今オセロー様に会うのは気まずいから僕はもう帰りますね」

 

デズデモーナの元を離れて帰っていくキャシオーを見たオセローとイアーゴー。イアーゴーは「まずいな…」と呟く。オセローは不思議に思う。「えっ何がまずいんだよ?さっきのはキャシオーだろ、クビにはしたけど」「いや、何も言ってないっすよ、そういえば、お2人が結婚することキャシオーくんは知ってたんですか?」「知ってたも何も、俺たち夫婦を応援してくれたよ、良いやつだよあいつは」「えっ、まじっすか」「なんだよさっきから気になるなぁ!!!なんか思うことあるなら言えよ!!」「いや、その…」

ここでイアーゴーは、キャシオーとデズデモーナが浮気しているかもしれない、とオセローに告げる。「は?んなわけないだろ」「僕も確信があるわけじゃないんですけど、なんか仲良くラブラブしてるっぽいし…」「いやいやあり得ないね」「でも僕見たんです、キャシオーくんが奥様のハンカチを持っているのを」「なんだって??」デズデモーナのハンカチは、オセローが彼女にあげた最初の贈り物。デズデモーナはいつも肌身離さず持ち歩いていて、キスをしたり話しかけたりしている大切なハンカチだ。「そんな大切なハンカチをキャシオーに渡すなんて…いやでもうちの嫁が浮気…?」「将軍は分からないと思いますけど、うちの国の女はこうなんですよ、浮気をしないんじゃない、優しいから浮気を隠すんです」「えっそうなのか?」生まれ育った国の違いを感じてしまったオセローはデズデモーナを疑うようになってしまった。「俺を思って言ってくれたんだな、ありがとうイアーゴー。キャシオーをぶっ殺せ」「はいかしこまり」

 

デズデモーナがたまたまハンカチを落とした時、イアーゴーの妻エミーリアはハンカチを拾っていた。イアーゴーが前から「奥様のハンカチを取ってこい」と頼んでいたからだ。「ねぇあんた、奥様のハンカチ持ってきたよ!」「おうよくやった」「ねぇそんなの何に使うのさ」「お前には関係ない」「なんだよ気になるじゃないか」イアーゴーはエミーリアにキスをして黙らせた。そしてイアーゴーは手にしたハンカチをキャシオーの部屋に落とした。

 

浮気の疑いがかかっているなんて全く知らないデズデモーナは可哀想なキャシオーのためにオセローを説得するが、オセローからすると、自分の嫁が浮気相手のために自分を説得しているようにしか思えない。優しいデズデモーナが頼めば頼むほど、オセローは疑っていく。「ねぇあなた、キャシオーは良い人よ!戻してあげて!」「なんでそんなキャシオーキャシオー言うんだよ!?」「だってキャシオーくん可哀想だから…」「あぁなんだよもう!お前あのハンカチは??」「なっ、無くしてなんかないわよ!」「じゃあ見せろ!!」「みっ、見せたくないわ!」「なんなんだよもう!ハンカチだ!ハンカチだ!!」オセローは狂い始める。

 

イアーゴーの言葉の毒が体に回り始めたオセローは発作を起こし倒れる。意識が朦朧としている状態のオセローに、イアーゴーはキャシオーと自分との会話を影で聞かせた。キャシオーは娼婦ビアンカと繋がっていた。イアーゴーはキャシオーにビアンカの話をする。「なぁあの女(ビアンカ)と結婚するって噂ほんとかよ?」「俺があいつと??そんなわけない、あんなアバズレ女」「でもあの女はお前にゾッコンじゃねえか」「やめてくれよイアーゴーくん、無理無理」影からその言葉を聞いたオセローは「あの女」をデズデモーナだと勘違いする。「やっぱあいつ俺の嫁と浮気してたんだ…!!」

 

そこに娼婦ビアンカが現れる。キャシオーはハンカチの刺繍が気に入り、ビアンカに柄を写してほしいと頼んでハンカチを渡していた。「部屋に落ちてたから誰のかは知らないけど、持ち主に返す前に写しておきたかったんだ」「ひどいわ!他の女からもらったハンカチを私に渡して、柄を写せですって!?冗談じゃないわ!!」オセローはそのハンカチを見て妻の浮気を確信した。キャシオーはデズデモーナからもらったハンカチを娼婦に渡すようなクソ野郎だと確信してしまった。

 

オセロー達のいるキプロス島に、本土ヴェニスから手紙が届く。オセローの後任としてキャシオーを島に置き、ヴェニスに帰ってくるようにという命令だった。ヴェニスに帰れることを喜ぶデズデモーナだったが、キャシオーの復職を喜んでいると思ったオセローはみんながいる前でデズデモーナを殴る。「ちょっと将軍様!いくらなんでも奥様に手を上げるなんて最低っすよ!!」「そうですよ!こんなに優しくて美しい奥様なのに!!何が不満なんですか!」「ええいうるさい!!このクソ女!」「待ってあなた、私が何をしたって言うの…?」

 

その夜オセローに散々侮辱されたデズデモーナだったが、それでも彼を愛し続けていると言った。デズデモーナは侍女エミーリアやイアーゴーに相談する。「ねぇ、どうして旦那はあんなに怒ってるのかしら…私知らない間に何かしちゃったのかしら…」「奥様は何も悪くないですよ!」「旦那様は…ちょっと苛立っているだけです…」純粋なデズデモーナの悲痛な叫びを聞いたイアーゴーは、ふと鏡に映った自分を見て絶叫した。そこには人を騙すことで精神的にやられ、嫉妬という怪物に成り果て、ひどくやつれた顔をした自分がいた。

 

そんなことも知らず、デズデモーナに恋しちゃってるロダリーゴーが久々に登場。自分の財産も使い切り、必死にイアーゴーの言う通りにしてきたのにデズデモーナと結ばれる気配のない自分はイアーゴーに利用されていたとようやく気付いた。イアーゴーは用済みになったロダリーゴーにキャシオーを殺すように命じる。イアーゴーにとったらどっちが死んでも両方死んでもどうでもいいことだった。ロダリーゴーはキャシオーを殺そうとするが、返り討ちに遭う。最後はイアーゴーの手によってロダリーゴーは息を引き取り、キャシオーは負傷したが一命を取り留めた。

 

デズデモーナが寝ている寝室にオセローが入る。デズデモーナは自分は何もしていないと主張するが、どうしても信じてもらえない。「えっ、私がキャシオーと浮気!?そんなのあるわけないじゃない!!」「いや絶対そうだ!!俺はハンカチを見たんだ!」「じゃあここにキャシオー連れてきてよ!」「キャシオーは連れてこれない…もういないからな」オセローはイアーゴーにキャシオー殺しを命じていたため、キャシオーはもう死んだと思っている。「そんな…逝ってしまったなんて…」「なに、こっ、この、クソ女〜!」デズデモーナの「逝ってしまった」を「(浮気していたと)言ってしまった」だと勘違いしたオセローはそのままデズデモーナの首を絞め殺した。

 

「外でひどい殺人が起きたわ将軍様!!」その寝室にエミーリアがやってきた。入るとデズデモーナは死にかけている。「おっ奥様!?誰が、誰がやったんです!?」「エミーリア…私は何もしてないわ…私の愛する…オセローによろしくね……」「奥様ァー!!」デズデモーナは冷たくなってしまった。「おいこのクソムーア男!!こんな天使のような奥様を殺すなんて、ほんっと最低!!!」「お前の、お前の旦那のイアーゴーから聞いたんだよ!嫁が浮気してるって!!」「はぁ!?うちの旦那ですって??」「そんな疑うならここにイアーゴーを連れてくるんだ!!!」

 

イアーゴーやキャシオー、他の軍人たちが寝室に集まる。「ねぇあんた、このクソムーアがあんたに浮気のことを聞いたなんて言ってるけど、嘘よね!?」「俺は思ったこと言っただけだよ、将軍様が自分の目で見て間違いないって思ったんだ」「でもあんたが浮気のことを言ったんだね!?」「言ったよ」「あぁーーなんてこと!!」そしてオセローは浮気の証拠の話をする。「ハンカチだよ」「ハンカチ??」「キャシオーがハンカチを持っているところを見たんだ」「そのハンカチって…!私が奥様が落としたのを拾って、旦那に渡したハンカチだわ!!」「そうだ、僕の部屋に落ちてたんだよ、誰のか知らんかったけど」「旦那がキャシオーくんの部屋にハンカチを落としたのね…旦那が浮気をねつ造したのよ!!!」「ええいうるさいなクソ女!!!」イアーゴーはエミーリアを刺して逃走。軍人たちはイアーゴーを追った。

 

エミーリアが息を引き取った頃、イアーゴーは捕らえられ連れ戻された。オセローは信用しきっていたイアーゴーに騙されていたことを知り、イアーゴーを斬りつけるが致命傷には至らなかった。そしてオセローは自らの命を断ち、デズデモーナの隣で動かなくなった。

 

 

 

多分こんなん!!!めちゃくちゃライトに書きました。時間あるときに修正入れよう…